山本くにおの気まぐれコラムです。政治のこと、日常のできごとなど、思うことをを書いていきます。

     山本くにおの 気まぐれコラム            トップページへ





<<前のページ | 次のページ>>
2021年3月8日(月)
国際女性デー&62歳の誕生日

 8日は国際女性デーです。20世紀初頭、アメリカの女性が「パンを」「参政権を」と立ち上がりました。世界に広がる中、日本でも1911年、平塚らいてうらが「元始、女性は太陽であった」と声をあげました。日本初の国際女性デーは1923年、神田の青年会館で開かれました。戦前の絶対的天皇制、家父長制、女性の無権利状態にたいし、民主主義を願うとりくみが進められました。
 

 さて、今日は僕の62歳の誕生日です。
 これからも、元気に憲法を生かし、平和、くらし、民主主義の社会をめざしてがんばります。
 今日も、市議会本会議で、一般質問があります。これから月末にかけて、3つの常任委員会(僕は文教厚生委員会)、6日間の予算委員会があり、ハードな日程が続きます。

2021年2月28日(日)
少人数学級 15道県で独自に拡充へ

 菅自公政権は、40年ぶりに学級編成基準を改正し、小学校で40人を5年間かけて35人に移行します(現在は小1のみ35人、小2は予算措置で35人)。しかし、国の取り組みは規模もスピードも不十分と批判が広がっています。
 2月28日付しんぶん赤旗の1面トップ記事は、全国15道県が独自に少人数学級の拡充を進めることを報道しています。(右表。赤旗調査)
 群馬県は、小1~4年、中1で独自に実施してきた少人数学級を、20年度は新型コロナ対策で小6と中3でも実施。21年度からは全学年に広げます。
 青森県は、小1~4年、中1で33人学級となっていますが、さらに小5、6年も33人にします。山梨県は小1、2で実施している30人を、小1は25人学級にします。
 残念ながら、京都府は独自施策のリストにありませんが、3月3日の八幡市議会本会議で僕が行う代表質問でも少人数学級を取り上げる予定なので、各地の取り組みを反映した質疑にしたいと思います。
 八幡市では、すでに小学校で36人以上のクラスはありません。そのため、政府の少人数学級の取り組みによる教員の増員は期待できません。少人数学級は、京都府と八幡市など自治体任せになっています。
 代表質問では、八幡市として少人数学級をどう進めるか――八幡市・少人数学級プログラムを提案して、少人数学級を前に進める議論を促進したいと思います。

2021年2月24日(水)
医療費の負担が重い

 高齢者世帯の確定申告のお手伝いをしています。昨日は、医療費控除のため、医療費の伝票を整理していたのですが、高齢者の医療費の負担が重いことを痛感しました。
 高額医療の対象分を除いて計算したら、ご夫婦で50万円を軽く超えました。年間300万程度の収入ですから高額医療分を除く医療費だけでも20%前後になります。ほかに税負担、国保と後期高齢者医療、介護保険料、そしてご主人は高齢者住宅を利用されていたので、そこの住居費、利用料もかかってきます。
 これまで人生をがんばってこられたのに、そうした高齢者に医療と介護の高い保険料と利用料が生活を押しつぶしている気がします。
 宣伝などで、「安心してくらせる社会を」と呼びかけることも多いのですが、だれもが願うこととかけ離れた政治の現実を痛感します。
 政治を変えよう。国民が主人公の政治を!

2021年2月20日(土)
質問通告

 2月26日から始まる八幡市3月議会の質問通告が始まりました。今回は来年度予算を審議する議会でもあり、会派による代表質問(質問時間45分)6会派、それ以外の議員による一般質問(同20分)になります。
 代表質問は抽選により、日本共産党は質問初日の3月3日の4番目で、僕が担当します。答弁を含むと質問時間の2倍くらいと見込んで、15時30分くらいから始まるのかなと思っています。
 約1年半ほど議会活性化委員会で議論して、質問方式を変更しました。代表質問では、これまで数年間、持ち時間内で、関連質問をすることができましたが、代表質問者以外にできるだけたくさんのメンバーが関連質問できるようにすると日本共産党のように5人会派だと、質問時間の調整だけで大変でした。今回からは、代表質問者のみとなり、シンプルになりました。代わりに、従来のように1人20分の一般質問を復活することになりました。時間は短いけれど、多方面の質疑ができます。
 また、通常の会期の議会では一般質問の方式を、(1)総括質疑方式(従来と同じ)、(2)一問一答方式、(3)総括質問をした後、一問一答方式で質問する――の3方式を選択することになりました。こうした取り組みが議会質疑の活性化につながればいいと思っています。なお質問時間は、答弁を含まず45分となり少し短縮されます(従来は60分)。

 僕は昨日、以下の内容で質問通告書を提出しました。
 (1)新型コロナウイルス対Sカウについて(ワクチン、生活支援、上下水道料金値下げ、保健所の機能強化)
 (2)健康行政…後期高齢者医療、介護保険料と介護入所施設の増設
 (3)子育て支援…高校卒業までの医療費無料化、学校一説の長寿命化計画、少人数学級、専科教員の増員
 (4)防災計画…大規模災害時の避難所開設・運営について
 (5)環境行政…プラスチックごみの毎週回収の実施、城南衛生管理組合の沢工場・中継施設の改修について
 (6)市政運営について…同和行政の終結、流れ橋交流プラザ・四季彩館の運営、核兵器禁止条について

 項目数がたいへん多くなっていますが、コンパクトでキリリとした質問原稿にしなくては。
 一般質問の通告は、昨日時点で日本共産党の3人(亀田、中村、澤村)が提出し、巌議員は月曜日に提出します。質問順などが確定すれば、全体をご報告します。
 3月議会がんばるぞ~!

2021年2月13日(土)
新しい働き方 チェック!

 政府から「新しい働き方」が強調され、現にコロナ感染が広がる下でテレワーク、フリーランス、ジョブ型雇用などが話題になることも多くなっています。マスコミは好意的に紹介するけれど、本当にこれでいいのか、疑問や不安もあります。
 全国労働組合総連合(全労連)のホームページに、「新しい働き方にひそむワナ」という企画、チェックリストがありました。その一部を紹介します。
 
 新型コロナとwithする新しい時代
 働き方も、新しく!自由に♪
 「テレワークで通勤苦から解放」
 「働く場所も時間も自由」
 「副業・兼業もOK。転職もどうぞ♪」
 「目指すはフリーランス☆」
 っていうけど… ちょっと待って
 その「自由」には、あぶないワナが潜んでいない!?


 【テレワークのコーナー】
 
孤立化と働かせ放題のワナ
 
 感染防止や通勤苦解消メリットがあるテレワーク。でも、「何時間働こうが、残業代は不払い(泣)」、「コミュニケーション不足でトラブル発生。同僚の助けもなく、一人で対処」「仕事で心身をこわしても自己責任。労災認定してもらえない」なんてことになっていませんか?


 【ポイント】

 公私の時間の区別をしっかり。労働時間の記録は必須!業務に関わる責任は会社が負担すべき。テレワークの条件について、しっかりしたルール(労使協定)を作りましょう。


 こんな感じで楽しくチェックできるコーナーです。テレワークのほか、ジョブ型雇用、副業・兼業、フリーランスのコーナーもあります。ご一読を。全労連で検索してご覧ください。








2021年2月12日(金)
宣伝中の対話

 最近、駅やスーパー前での宣伝時に声をかけられ、路上相談になるケースがある。
 先日はスーパー前で。一人住まいの家族が統合失調症で入院中で、いずれ退院した時には精神障害の人のグループホームなどに入所できるのかどうかという相談でした。
 うつなどの対応薬としてタウリンという薬を使うことがあり、その家族は使用していた時期があるらしい。その後、症状が悪化し、統合失調症を発症したそうです。
 日本では、2007年まではうつ病などの対応する薬品として使われてきましたが、現在は、突然強い眠気に襲われるナルコレプシーにのみ適用され、取り扱いは厳格に規制されています。
 その方の入院期間がどれくらいになるかは分かりませんが、長期ということにもならないだろうし、その方が退院後に安心して暮らせる環境を見つけるために、各方面の知恵を借りなければなりません。
 僕にとっては予備知識のない分野なだけに、一つひとつ勉強しながらの相談活動になりそうです。
 今日の樟葉駅宣伝では、亀田議員の知人が、コロナ対応で仕事が休みになるけれど、通勤定期代は払い戻されないという話が
持ちかけられました。こうした面でも鉄道・バス会社を支援して、事業所や働く人の負担を軽くする取り組みも必要になっています。

2021年2月3日(水)
コロナ感染対策の充実を

 昨夜、菅首相が記者会見し、新型コロナウイルス感染症の緊急事態宣言を栃木を除く10都府県で3月7日まで延長すると述べました。
 今回の緊急事態宣言を発表する際、首相は「1ヵ月後には必ず改善させる」と説明していたのに、それができなかったことについて、政府の対応策のどこに問題があったのかなど、きちんと検証して今後の対応に臨むべきです。ところが、そうした検証はされないままの期間延長となりました。これで、国民や医療・福祉機関、各種事業所の不安をぬぐうことができないのは明白です。
 そもそも、国民に夜間の外出や飲食を自粛するよう求めている時に、内閣の副大臣や与党政治家が深夜に会食していた問題は論外で、政権の緊張感のなさを浮き彫りにしました。
 昨日のテレビ放映を見ていて、NHKが日本共産党の倉林参院議員の質疑を取り上げていました。医療体制のひっ迫が続く中、医療機関の減収補てんなどで医療経営を支援するよう求めたのに対し、菅首相は、医療機関の減収があり得るのなら「医療現場が財政面でちゅうちょしないよう対応する」と述べました。これは大事な答弁です。

 感染、自宅療養世帯への支援

 コロナ感染の緊急事態の中、日本共産党八幡市議団にも生活相談や問い合わせが増えています。
 感染しても即座に入院できず、自宅での療養待機を余儀なくされたり、濃厚接触者として自宅待機などを指示されると、買い物すら出かけられず、生活に困る家庭が出ています。
 こうした世帯への支援策が求められていますが、八幡市議会でも12月議会で日本共産党の質問に対し、市が、保健所から要請があれば、市として支援していきたいと答弁しました。また京都府でも、支援が必要な家庭に対して3日分の食料品、衛生品を宅配で届ける事業も具体化されています。
 ところが先日電話があったのは、友人が自宅療養していて、買い物をしてほしいと依頼されているという人からでした。そうした家庭に対し、市として何とか支援できないかという相談でした。市の答弁や府の対応を説明したのですが、その方の友人が市に問い合わせたら、「買い物は宅配便に頼んだらどうですか。親戚や友人に頼んではどうですか」といった答えだったといいます。こうした市民への説明は、12月議会での答弁の内容を理解しないものです。直ちに改善を求めました。京都府の制度の運用についても、府と市の連携について具体化が迫られています。
 知人からの問い合わせは、高齢者施設でのコロナ感染時の対応と従業員の仕事、賃金の保障についてでした。子どもさんが他市の高齢者施設で働いていますが、職員がコロナに感染し、施設利用者にも感染が広がっているとのことでした。その方は、ご本人と家族への感染が心配され、現在仕事を休んでおられるのですが、事業所からの休業補償、勤務の指示がよくわからない状態になっているといいます。「自分の判断で休んでいるのだから給料は保証できない」と言われたそうです。
 もう少し詳細を聞かないと判断できませんが、福祉関連施設でのコロナ感染にたいし、感染予防と働く人の給与補償が不十分な点が見えてきます。

2021年1月31日(日)
生活保護申請時の扶養紹介、義務ではない

 1月28日の参院予算委員会で、日本共産党の小池晃書記局長が生活保護申請時に親族に問い合わせをする「扶養照会」をやめるよう求めたのに対し、田村厚労相は「『扶養照会』は義務ではない」と繰り返し答弁しました。大臣が「義務ではない」との答弁は初めてです。
 八幡市でも、生活保護申請の時、担当者から、親族の方に扶養できないか問い合わせするとの説明がありました。親族への扶養照会が、生活保護を申請する際の壁になり、申請を躊躇する要因になっていました。こうした説明が、根拠のないものであることが大臣の答弁で裏付けられました。義務でないのであれば、政府が決断して、生活保護申請における親族への扶養照会をやめればいいのです。
 小池氏の質問では、生活保護の「扶養義務」の範囲についても追及されました。
 日本では、保護申請者の配偶者、子、京大、祖父母、孫、さらにひいおじいちゃん、ひいおばあちゃん、ひ孫にまで「扶養義務」の対象としています。世界的には、「扶養義務」者をここまで広げているのは極めて異例です。ドイツでは、配偶者、子、親まで。フランス、イギリス、スウェーデンは配偶者と子(未成年)のみ。世界でも例を見ない、日本の「扶養義務」の親族への問い合わせはやめるべきです。 
 

2021年1月30日(土)
コロナ感染 京都府でもベッド数ひっ迫

 コロナ感染対策における病床ひっ迫が京都府でも深刻化しています。
 京都府はこれまで感染者の受け入れ可能病床は720床と説明していましたが、1月17日時点ですぐに使用できる病床数は330床と訂正しました。
 12月時点で、府立医大病院長はじめ14院長が京都府下でのコロナ感染症の受け入れ病院の不足を指摘をされていたので、ようやく京都府も発表数値の是正をしたのかと思いました。なぜ、このような過大な数値が公表されていたのか、検証が必要です。
 病院の医師、看護師などのスタッフと病床不足は、これまでの医師と病院数の抑制政策を反映したもので、感染症などのパンデミックに対応し、国民が安心して医療にかかれるよう政策転換が不可欠ですが、当面の危機を乗り切るため国、自治体、医療機関の密接な連携強化を急がなければなりません。
 京都府として、重症、中等症、軽症それぞれの受け入れ可能な病床数、目標を明確にして病床数を増やすことが必要です。
 病床ひっ迫から、自宅待機、自宅療養の人数、期間が増えていますが、それに伴い、八幡市でも家庭内感染が広がる懸念があります。医療機関における病床とともに、宿泊療養施設の確保も急がなければなりません。
 京都府と京都市が設置した新型コロナ医療相談センターの拡充、各地域の保健所の機能と体制の強化も急ぐべき課題です。 

2021年1月21日(木)
核兵器禁止条約の発効

 国連の核兵器禁止条約は50ヵ国が批准(現在51ヵ国)し、明日1月22日に発効します。核兵器の保有・使用を禁止する初めての国際条約です。
 1946年、国連決議第1号は核兵器禁止を要求しています。これに応え、具体化する条約です。
 世界では、核保有国も参加して地域版の非核地帯が広がっています。
 1961年の南極条約は、南極での非核化を定め、核保有国も参加しています。
 1968年の中南米非核地帯条約(トラテロルコ条約)を皮切りに、南太平洋、東南アジア、アフリカ、中央アジアの5地域で非核地帯を宣言しています。地球の半分が非核地帯になっているのです。
 東南アジア非核地帯条約以外は、核保有国5カ国が署名又は批准しています。トラテロルコ条約の付属議定書には核兵器を保有する5ヵ国(米、英、ロ、仏、中)が署名・批准し、当該地域で非核武装化の状態を完全に尊重すると約束しています。こうした地域版の非核地帯化を促す流れも加速するでしょう。
 今後、国連を中心に核兵器禁止条約の締約国会議、核拡散防止条約(NPT再検討会議などが予定されており、核兵器廃絶・削減に向けた国際的な議論が継続されます。
 核兵器をなくそう――世界の願いを実現する大きな流れを広げていきましょう。

 ◇平和首長会議…近畿で未加入は八幡だけ

 核兵器をなくすために広島、長崎市が世界に呼びかけている平和首長会議は、世界、日本での賛同、加入が広がっています。国内でみれば、現在加入していないのは7つの自治体だけになりました。近畿では今年1月に野洲市が加入したため、近畿で未加入は八幡だけになりました。
 市議会で平和首長会議への加入を促しても、市長は答弁で、かたくなに加入しないと繰り返しています。核兵器は違法であるとする核兵器禁止条約は発効し、国内でも加入自治体が広がっているのに、八幡市長はなぜ核兵器をなくす世界と国内の動きに賛同、協調できないのか不思議でなりません。核兵器をなくそうの願いは届かないのでしょうか。市長もそろそろ「心変わり」すればいいのにと思うのですが…。

2021年1月17日(日)
保健所の機能を考える

 コロナ感染が急拡大し、医療・衛生機関の役割が注目されています。
 全国で保健所の数が半数に減らされ、検査機能の強化、充実が課題になっています。
 京都府内でも、府南部は宇治などの地域と八幡市、京田辺市などを担当する綴喜地域が統合されようとしました。京田辺の保健所廃止に反対した私たちの運動で、廃止・統合ではなく、綴喜支所として残されました。しかし、感染症対応などを実施するのは、宇治市にある山城北保健所です。
 今回のコロナ対応で、保健所の統合の影響が明らかになっています。

   山城北 山城南  乙訓 南丹   中丹西 中丹東 丹 後
 人口(万人)   44.8 11.7  14.8  13.7  7.9  11.8  9.7

 京都府下では、政令市の京都市を除くと人口は約113万人です。その地域を7ヵ所の保健所が担当します。1カ所当たりの人口を調べてびっくりしました。京都市を除く府下113万人のうち、山城北保健所が担当する人口は44万8000人にもなるのです。
 今回のコロナ感染に対応するため、保健所は人手が足りず、管内の自治体からの応援を受けています。八幡市は1年間で1日1人の保健師を延べ15日間程度派遣したそうです。他の自治体が何人程度派遣していたかはわかりませんが、1年間で数十人から100人程度に達するのではないでしょうか。
 全国的には、保健所の現場からは、毎日帰宅が夜12時を超え、休みも取れない状況が続いていると聞いています。
 医療・衛生行政ではマンパワーが頼りです。保健所の統合により、大規模な感染症が発生したときに十分機能できないもろさが浮き彫りになっています。
 山城北保健所においても、綴喜支所を保健所に格上げし、感染症にも対応できるように強化するよう求めたいと思います。

2021年1月13日(水)
高校生の医療費助成

 八幡市では、これまでの市民の運動と議会での論戦を通じて中学卒業まで医療費(通院、入院)が無料化されています。ところが高校卒業までの医療費助成を求めても、市は府内統一した制度がいいなどと言い始めて、積極的にとりくもうとしません。
 今月22日告示、31日投票で市議選が行われる北九州市では、2022年4月から高校生の医療費助成が拡充されます。ただし、窓口負担は月1600円なので、無料化とはなっていません。もう一歩広げて、無料化を実現してほしいものです。
 政令指定都市で高校生の医療費助成に踏み出すのは画期的で、八幡市のお隣の京都市は、京都府内で医療費助成が一番遅れており、京都府の制度と横並びです。京都府も京都市も医療費助成は3歳以上~中学生は通院で月1500円まで自己負担です。
 北九州市のとりくみは、全国的にも注目です。八幡でも、子育て支援を進めるため、医療費負担の軽減、無料化拡充を求めてがんばります。

2021年1月10日(日)
学校の長寿命化を考える

 八幡市教育委員会は、昨年の12月市議会・文教厚生常任委員会に学校施設の長寿命化計画(案)を提出しました。
 日本共産党が一般質問で取り上げた学校トイレの洋式化、給食施設のドライ化なども計画に含まれており、想定を大きく上回るいい答弁が返ってきました。
 計画自体は2021年度から2050年度までの長期的な計画ですが、その中で2025年度までの5カ年の実施計画を明確にしています。主なものを挙げてみましょう。
 ◇学校体育館のエアコン設置を12の小中学校すべてで実施する。
 ◇給食室は食中毒防止などの対策として進めているドライ化を残り4校で実施。
 ◇学校のトイレは老朽化、洋式化率が遅れているところから洋式化、乾式化する。(校舎:4校、ほか体育館も)
 ◇運動場…現在整備中の2校に加え、2つの中学校で整備する。
 ◇バリアフリーのためのエレベーター…3つの中学校で設置。
 ◇校舎の整備・・・八幡小は建物の強度が低く、長寿命化改修に適さないので築年数60年(2028年度)を目安に建て替える。
 今まで繰り返し求めてきたテーマが一つひとつ実施されることは大きな前進です。同時に、こうした課題がなぜ一気に進むようになったのか――という問い合わせも来ていますので、計画全体について整理しておきたいと思います。
 計画を通して大きく考え方を転換したのは、校舎整備の考え方です。
 従来、政府も建設後約40年間で校舎建て替えという考え方をしていましたが、八幡小は建て替えるけれど、その他の学校校舎については、目標耐用年数80年の中間年で機能・性能の向上も目的とした長寿命化改修工事を実施するという考え方に転換しました。
 八幡市の場合、八幡小に続いて男山二中、三中、くすのき小、さくら小、橋本小、中央小と今後、築50年を迎える学校が続きます。八幡小の建て替え費用は、旧校舎の撤去費用を含め21億円と想定しているので、同様に建て替えをすれば120億円を超える費用を見積もることが必要です。
 建物を80年間使用するというのは、公共施設の活用の面でも大事な視点です。
 長寿命化計画では、今後30年間の維持・更新コストを比較しています。従来型の建て替えを前提とする場合、総額370億円ですが、長寿命型に変更すると、198億円(年平均6・6億円)となります。従来型より172億円、46.5%軽減できると試算しています。
 こうした考え方のもとに、校舎など各施設の性能向上などを整理する中で各分野ごとの整備計画が具体化されているのです。
 具体的な実施計画を実行するためには、今後、財源面での議論も必要になってきます。市財政におけるムダ遣いにメスを入れることも含め、継続的なチェックが必要になってきます。

2021年1月5日(火)
さくら小のグラウンド整備

 11月下旬から始まったさくら小学校のグラウンド整備工事がほぼ完了し、すっかりきれいになりました。

   

 写真左が工事が始まった時期、右がほぼ工事が完成した状態です。
 整備工事は簡単に言えば、グラウンド表面の土を削り取って固めた後、水はけのいい土の層を入れて、表面にグラウンド用の土を入れて整備します。同様の工事は9年前、近隣の男山三中でも実施されています。
 さくら小のグラウンドは、雨などの排水が悪く、グラウンド中央部に水の流れる「水路」ができていました。そのため、運動会の時など、新たに砂を入れても軟弱なため、子どもたちが全力で走っているとその地点はバランスを崩しやすく、同じ場所でこける場面を何度か見ていました。今回の整備まで、男山三中以来9年も時間がたっていたので、ようやく整備が完了しホッとしました。子どもたちが利用しやすいグラウンドになることでしょう。
 グラウンド整備に関して副産物もありました。12月議会の一般質問で、僕が学校トイレの洋式化、ドライ化を求め、同じ会派の澤村議員が給食室のドライ化を求めました。これに対し、市教委は文教厚生委員会に提出した学校施設長寿命化計画(案)で今後5年間の具体化計画を明らかにしました。グラウンド整備も、すでに整備済みの男山三中に続き、今年度にさくら小、男山中で整備。さらに男山二中(2024年度に完了)、男山東中(2025年に設計。翌年完了か?)の整備計画が示されました。これまでなかなか進まなかったグラウンド整備もようやく軌道に乗ってきたのかな。

*長寿命化計画(案)では、全ての学校体育館のエアコン設置、給食室のドライ化(残り4校で完了)、トイレの洋式化、障害のある児童・生徒のためのエレベーター設置などの実施計画が示されました。   

2021年1月2日(土)
政治を国民の手に
 明けましておめでとうございます。
 コロナ危機を乗り越え、安心して健康にくらせる社会をめざしてがんばります。よろしくお願いします。国政でも地方政治でも、憲法を生かし、平和、くらし、民主主義を大切にする政治をごいっしょに実現しましょう。
 (下のカードのイラストは妻が作成しました。)

      


 2021年は、新型コロナの感染拡大の中で新しい年を迎えました。医療の危機打開は緊急の課題です。収入減や失職で生活困難が広がり、くらしと営業を支える手立てが急がれます。
 しかし、菅自公政権はコロナ感染対策にまともに取り組んでいません。国会での棒読み答弁、学術会議「人事介入」問題でも、問答無用で国民の批判を抑え込んでいます。
 今年は10月までには衆院の総選挙が行われます。
 コロナ対策で日本社会のゆがみが浮き彫りになりました。自公政権に代わる新しい政権=市民と力を合わせた野党連合政権に転換しましょう。日本共産党は、全国で市民と野党の共闘を呼びかけ、野党間で野党共闘の協議、具体化を進めています。八幡市を含む京都6区でも野党共闘を実現し、政権交代を実現しましょう。
 野党間の共通した政策を具体化する協議も進めています。日本共産党は、「新しい日本をつくる5つの提案」をしています。コロナ後のケアに手厚い社会をつくる社会保障や雇用、平和・民主主義、外交や環境、ジェンダー平等など、今の焦点となっている課題での解決方向を示した提案をしています。
 今度の総選挙で政権交代を実現しましょう。そのために、野党全体の議席を大きく増やすこと、野党共闘をしっかり支える日本共産党の議席を増やすことが必要です。

 比例代表でも、小選挙区でも、みなさんのご支援をお願いします。