山本くにおの気まぐれコラムです。政治のこと、日常のできごとなど、思うことをを書いていきます。

     山本くにおの 気まぐれコラム            トップページへ





<<前のページ | 次のページ>>
2020年7月10日(金)
中学校の体育館エアコンを視察

 9日は市議会文教厚生常任委員会で、市内の中学校2校(男山二中、三中)を視察しました。昨年度末、2校の体育館、武道場にエアコンが設置されましたが、新型コロナ対応などで視察が先送りになっていました。
 写真はいずれも三中で撮影したもので、上から体育館
、武道場のエアコン、横にある小さい設備はエアー送風ファンです。体育館横には都市ガスを利用した室外機と、災害時都市ガスが停止したときのプロパンガスを利用するための保管庫です。
 授業やクラブ活動だけでなく、大規模災害時には避難所となる施設なので、教育面でも、防災面でも一歩前進です。視察で訪問した時も、学校の先生方からは、6月にずれ込んだ「入学式の時は涼しくて助かりました」と好評でした。
 二中の整備には総務省の支援を活用したほか、環境省の補助金を活用し、ライトのLED化も併せて実施しました。三中は総務省の支援のみです。2校合わせて1億1080万円の整備事業です。国の補助金、防災などの事業債の返還時の交付税参入などを含無国の支援が多く、市の負担は二中の場合27%、三中の場合32%となる見込みです。
 今年度は他の男山中、東中の整備を予定しています。避難所ともなるので、他の小学校の体育館へのエアコン設置も急がなくてはなりません。 







2020年7月2日(木)
少人数学級を進めよう

 八幡市6月議会が終わり、全体のまとめの作業をしています。
 今回の議会では、コロナ感染対策を柱とした補正予算案などを審議しました。審議の中で日本共産党市議団は、子どもたちの教育環境の改善に加えて、感染予防のために少人数学級を前に進めようという提案をしました。
 代表質問への答弁で市教育委員会は、学級の人数を減らせば減らすほどいいというわけではないがと言いつつ、国や京都府に、少人数学級を進めるための教員の増員を求めよと質問したのに対し、「国に教員の定数改善を要望していく」と答えました。先生を増やして学級定数を改善していくという方向を確認できたのは大事な答弁です。
 京都府の学校教育を考えるとき、「京都式少人数教育」をどう評価するのかが大事になります。
 京都式少人数教育は、①少人数学級、②少人数授業、③小学1・2年生の複数授業――の3つが柱です。
 ③の小学1・2年生の複数授業は、1クラス31人以上の学級では、小学2年生の夏休みまでの間、補助教員を配置します。きめ細かな授業をする上で役に立つのですが、補助教員の配置基準が1年生は週27時間ですが、2年生は週10時間で、めっきり少なくなります。しかも夏休み後は担任が1人で授業をすることになるので、効果が薄まります。この正二は、僕が議員になった21年間、何の前進もありません。30人以下のクラスにも配置できるように、小学校2年生に通年配置するなどの改善が不可欠です。
 ①、②の少人数学級、少人数授業を学校で選択することになります。現在八幡市では、すべての小学校で35人以下のクラス編成となっています。中学校はまだ40人近くのクラスがたくさんあります。今後、子どもたちの教育環境を改善しようとすれば、複雑に少人数授業を増やすのではなく、素直に少人数学級を進めて、30人以下の学級編成をすすめ、欧米並みに各クラス20人前後の学級編成ができるようにすることが必要です。
 この10年間程度を振り返り、少人数学級、少人数授業がどのように整ってきたのか、検証して、市教委に少人数学級を迫っていきたいと考えています。
 コロナ感染対策は、日常生活にしわよせ、苦労を伴っていますが、同時に、この取り組みを契機に、従来よりも社会が前に進むことが大事です。教育分野では、感染対策と教育条件の改善を並行して進める改善、少人数学級の前進が試金石になってきます。

2020年6月28日(日)
なぜ、水道料金負担軽減を躊躇するのか

 八幡市6月議会は明日29日に最終日を迎えます。代表質問・関連質問、常任委員会、予算委員会などが開かれました。コロナ感染防止対策などについて審議を重ねてきたのですが、コロナ対策の中で、八幡市と京都府が上下水道料金の負担軽減を躊躇する姿勢が目立ちました。
 近隣では、大山崎町、久御山町、京田辺市、そして宇治市も水道料金の負担を軽減しました。
 国からの地方創生臨時交付金(第1次分2億3900万円に続き、2次分5億9000万円)は、こうしたコロナ対策にも使用することが可能で、政府の「Q&A」でも、水道料金引き下げについても、その自治体で有効であれば活用できるという考えを示しています。
 こうした点を指摘しても、今議会に提出している補正予算案には盛り込まれていないと答えるだけでした。八幡市の水道水のうち6割前後は宇治川・木津川からの府営水道を使っていますが、京都府はどのような軽減策を講じたのかと質しても、府から軽減策は聞いていないと答えました。
 コロナ感染で、収入が減り、国と自治体がいろんな支援策を講じているのに、京都府と八幡市が何もしない理由が分かりません。水道料金の負担軽減を求めているのは、日本共産党だけではありません。市議会では、公明党も期間限定ではあるものの水道料金値下げを取り上げました。与党からも野党からも求められている水道料金の負担軽減に、京都府と八幡市は真剣に取り組むべきです。
 幸い、答弁を注意深く見ると、第2次分の地方創生交付金について、どのような活用が効果的なのか検討すると含みを持たせましたがあまりに決断が遅すぎます。市民のくらしを応援することに躊躇(ちゅうちょ)する必要はありません。
 兵庫県は、県内25市町に供給する県営水道について3か月間の料金免除を打ち出しました。これを受け、県営水道を利用していない自治体も含め31市町が水道料金の減免を実施します。この施策では、基本料金の減免のほか、使用量に応じて請求される従量料金を無料にする自治体もあります。神奈川県でも、県営水道料金を10%減額し、県下の各自治体が負担軽減に取り組んでいます。
 八幡市と京都府には、こうした姿勢を謙虚に学んでほしい。

2020年6月23日(火)
イワシを語らずにいられない

 23日付しんぶん赤旗の経済面に、「イワシが旬」「生産トップ」の記事。
 昨年の漁業生産量で、イワシが54万トンでサバを抜いて24年ぶりにトップになったといいます。各地の水揚げも順調だといいます。「入梅イワシ」と言われ、梅雨の時期からイワシがおいしくなります。
 僕がイワシ(とくにマイワシ)にこだわるのは理由があります。1983年に三重大学水産学部を卒業したとき、書いた論文が「極東マイワシの資源変動について」でした。イワシは江戸時代にも豊漁の記録が残っていたりしており、過去においても大変動を繰り返してきました。卒論でも、戦後の近海のマイワシ資源の変動を地域ごとに調べていました。
 当時、マイワシの生産量は200万トン弱で、その後、1987年ごろには400万トンまで急増しました。年間漁獲量が1200万トン程度だったので、日本が漁獲する魚類の3分の1がマイワシでした。食べ物としてだけでなく、養殖や畜産の飼料、畑の肥料にも使われます。
 ところが1987年を境に日本近海のマイワシは姿を消し、1万トン前後まで落ち込みます。黒潮などの海流や海洋環境の変化が理由と言われていますが、よくわからないのが現実です。
 数年前から、目立たない報道ながらイワシ資源の回復が伝えられていましたが、なかなか本格回復まで届きませんでした。資源回復まで1990年初頭から30年もかかり、想像以上に遅くなりました。
 この間のイワシ資源の減少により、食生活に登場する機会も少なかったと思いますが、イワシをおいしく食べる工夫も大切です。
 ちなみに学生時代は、教授の紹介で伊勢湾のマイワシ漁のアルバイトを2週間余りしていたことがありました。朝5時に出港して、午後2時くらいまで、漁師さんたちの送迎で通いました。仕事の中身は、網を引いたりの仕事もありますが、まずは出港時にご飯を炊き、味噌汁をつくって、1度目の網を入れたら朝ごはん。獲れたイワシを味噌か醤油味で炊いて、昼ご飯のおかずづくり。イワシを手でさばいて氷で冷やしてお刺身…。港に帰ったら、下宿の近所の人のためにイワシをバケツにいっぱい貰ったり。おもしろいアルバイトでした。

2020年6月21日(日)
高齢者に負担重く

 八幡市の75歳以上の後期高齢者医療の保険料は、今年度から平均12.6%の大幅値上げとなっています。
 今年度から75歳になる人が市役所に手続きに来られて困っておられました。
 75歳になって後期高齢者になったら保険料が上がり、医療費負担も2割から3割に上がります。
 後期高齢者医療は保険料などが世帯単位でなく、個人になるため、様々な矛盾があります。75歳以上の人と74歳以下の人がご夫婦の場合、75歳以上の人は後期高齢者に。配偶者の人はその方個人の収入で保険料が計算されるのではなく、なぜか後期高齢者の人も収入も含む世帯で計算されます。
 後期高齢者の場合は、自分だけでなく家族の保険料の計算にも合算されることになり、保険料負担が重くなるケースがあるのです。
 その方の場合も、世帯分離したときの保険料を計算してもらうと、世帯分離した方が保険料が1万円以上安くなります。
 市役所で世帯分離の方法もありますよとアドバイスしたら、国保などの医療担当課は世帯分離できないと説明しました。保険料の徴収に関わる市民部も、八幡市では適用していませんと答えました。全国的に適用している制度をなぜ適用しないのかと意見を述べると、制度を適用できるという説明に変わりましたが、市は知らないうちにいつ対応を変えていたのか。
 先日の文教厚生常任委員会で、その点を指摘して世帯分離を適用できることを確認しましたが、どうも釈然としません。
 後期高齢者になって、医療の窓口負担が増える、保険料も上がる――こんな高齢者いじめの医療制度を変えて、高齢者に優しい社会でありたい。

2020年6月14日(日)
八幡市の地下水から有機フッ素化合物

 12日付の毎日新聞によると、環境省は、発がん性指摘の有機フッ化合物のPFOS、PFOA(*注)について全国37地点で国の暫定的な目標値(1リットル当たり50ナノグラム)を超えていると発表しました。その中に、八幡市の地下水も含まれていました。
 環境省が、全国規模でこの2物質の汚染状況調査を実施するのは初めて。科学的に安定し、水や油をはじく性質があり、泡消火財や調理器具、半導体などに幅広く使われてきました。最近、在日米軍基地周辺の地下水が汚染されている実態が明らかになっており、今回の調査でも、横田基地に隣接する東京都立川市、厚木基地がある神奈川県大和市、普天間基地がある沖縄県宜野湾市などの地下水、湧水、河川などで目標値を超す数値を検出しています。
 八幡市の場合、大谷川二ノ橋、周辺の地下水(1ヵ所)が調査対象。大谷川は目標値以下の47.1ナノグラムだったのに対し、周辺地下水は85.3ナノグラムで目標値を超えました。地下水を取水した井戸の地域は公表されていませんが、住宅での飲用水の利用はありません。
 環境省は、排出源となりうる施設として、泡消火財を保有・使用する施設、有機フッ素化合物の製造・使用の実績がある施設、廃棄物処理施設、下水道処理施設などを挙げています。こうした工場、処理施設などからの排水が地下浸透したものとみられます。
 環境省は、継続して、飲用水としての使用をしないよう注意喚起するとともに、汚染状況の把握、PFOSなどを含有する泡消火財などの在庫量調査等を進めるとしています。
 八幡市議会でも、今後の汚染源の調査、環境省や京都府からの提供される情報を、適宜、市議会に報告するよう問題提起をしていきたいと思います。

PFOS(ペルフルオロオクタンスルホン酸)
PFOA(ペルフルオロオクタン酸)

 PFOSは2009年に、有害物質を規制するストックホルム条約の規制対象となり、日本は18年に国内製造・輸入を全面的に禁止した。PFOAは19年に同条約の規制対象になり、政府は全面的な製造禁止の検討を進めている。厚生労働省は5月までに、2物質について水道水や地下水に含まれる暫定的な目標値を設定。要監視項目に位置づけている。(この項は毎日新聞の記事より引用)

2020年6月11日(木)
代表質問(2)

 9日の代表質問の報告第2編です。今回は、八幡市の同和対策事業の問題点。
 八幡市は、政府が同和事業を終結(2002年)したもとでも、いまだに不公正な同和事業を事実上継続しており、部落解放同盟の集会への公務派遣、財政的支援を続けています。
 八幡市は、解放同盟による部落解放全国女性集会、同京都府女性集会、同山城地区女性集会への職員の公務派遣をおこなっています。さらに、今回の質疑で浮き彫りになったのは、部落解放・人権啓発推進八幡市実行委員会の運営資金として毎年45万円を投入し、その中から部落解放研究全国集会に市職員を派遣していたことが明らかになりました。さらに、山城人権ネットワーク推進協議会に八幡市含む京都府南部の自治体が資金を提供し、毎年、研修促進事業として支出し、その8割以上、2百数十万円を解放同盟山城地区協議会に補助しています。
 こうした3つのルートで、特定の運動団体に対し、集会への市職員の派遣、資金提供を続けています。こうした不公正な対応は、市民の理解を得られるものではありません。公正な市政運営を目指すべきです。

2020年6月10日(水)
代表質問

 9日から八幡市議会の代表質問・関連質問が始まり、日本共産党は1番手でした。僕が代表質問をして、巌、中村議員が関連質問をしました。6月議会では市長選(2月)後の本 格補正予算の審議のため予算委員会が開かれ、亀田、澤村議員が担当します。
 <核兵器禁止条約>
 代表・関連質問では、八幡市の比較平和都市宣言をふまえて、日本政府が核兵器禁止条約に参加するよう市として政府に要請するよう求めました。しかし市長は、国の安全保障政策にかかわる問題であり、政府に要請する考えはないと否定しました。
 八幡市の比較平和都市宣言は、核兵器の廃絶と軍備の縮小を強く全世界の人々に訴えると宣言していますが、市長はこの精神を理解していないのでしょうか。
 質問をした時点では核兵器禁止条約は中米ベリーズが批准し、批准国が37カ国になったと紹介しました。質問後ネットを見ると、さらに南アフリカ共和国の隣国ソレトが批准しました。条約発効まであと12カ国に迫っています。核保有国や日本政府が核兵器禁止に背を向けていても、核兵器禁止を求める世界の世論はさらに広がっていくでしょう。
 <水道料金負担軽減を>
 コロナ対策として何点か質問しました。
 コロナ対策で、家庭での手洗いが奨励され、家庭の上下水道料金の負担が増えています。近隣自治体では、京田辺市、久御山町、大山崎町などで上下水道料金などの負担を軽減しています。
 政府からの地方創生臨時交付金が支給されており、政府の「Q&A」では、「上下水道料金や公共施設使用料、給食費などの減免に充当して良いか」とのといにたいし、「地域の実情にあわせて必要な事業であれば、原則として使途に制限はない」と説明していることを紹介して、八幡市の上下水道料金の負担軽減を迫りました。さらに、八幡市の水道料金の5割以上を占める京都府の府営水道は、コロナ対策で何らかの軽減策をしているのかと問いました。
 こうした追及に対して、八幡市は上下水道料金の負担軽減を何もせず、京都府の対応についても「「何も聞いていない」などという答弁でした。
 コロナ対策で強化すべきは、検査・医療体制の強化、さらに国民への支援策の強化です。八幡市と京都府は、水道料金の負担軽減のためにまじめに取り組むべきです。
 <非接触型体温計> コロナ対策では、6月から再開した学校での体温測定などのとりくみを確認しました。
 非接触型の体温計を小学校には1校4~5台、中学校には1校5台を配置しました。登校後、発熱などが出た時、コロナ感染の疑いが考えられるとき、保健室以外の別室を確保すべきではないかとの質問に対し、保健室とは別の相談室を確保し、エアーマット、ロール畳を配備しているとの答弁がありました。
 全国の事例では、介護・障害者福祉の入所施設でコロナ感染した場合、数十人、百人規模の集団感染が発生しています。福祉の入所施設での感染に備え、国や府が責任持って隔離・療養できる施設を整備するよう求めたのにたいし、市は、施設内感染専門サポートチームが施設に出向き、ゾーニング、スタッフ体制などの感染防止対策を指導し、施設内感染が収束するまで継続支援をおこなうと答えました。
 

2020年6月7日(日)
6月21日は部分日食

 6月21日夕、部分日食が見られます。(下の観察図は、ビクセンの天文カレンダーより)

     

 16時11分から欠けはじめ、18時3分まで続きます。太陽が最も欠けるのは17時10分ごろです。最大食分0.471ですので、半分近くまで月で隠されることになります。
 アフリカ東部、東南アジアでは金環食になるそうです。
 日食を見るときは直接見ることは避けてください。必ず、日食用のフィルター(日食用サングラス…通常の眼鏡のサングラスとは違います)などを使って見てください。
 紙に針で穴をいくつか開けて別の紙や地面に映すと、日食の形がたくさん見れておもしろいですよ。でも夕方の日食なので、地面に映すのはむつかしいですが。
 今年最後の日食なので、当日の天気が晴れるといいのですが…。

2020年6月6日(土)
9日に代表質問

 八幡市6月議会が開会され、9日から代表質問が始まります。代表質問の質問順は議会運営委員会でのくじ引きで決まるのですが、運が強いのか、そうでないのかわかりませんが、日本共産党はトップバッターで9日10時から一番手で僕が代表質問します。関連質問は巌議員、中村議員がします。
 代表質問の主な項目は次の通り。
 ・コロナ感染対策
 ・子育て支援
 ・健康行政
 ・まちづくり
 ・防災
 ・環境
 ・市政全般
 八幡市議会では代表質問の場合、会派ごとに基本時間として40分、さらに1人当たり10分が加算されます。日本共産党は5人で最大会派ですが、持ち時間は90分になります(質問時間なし、答弁含まない)。

2020年5月31日(日)
学校再開を前に

 コロナ感染対策は、緊急事態宣言が解除されたばかりというのに、北九州、東京、神奈川、北海道では新たな感染が増えています。第2波か、などとの指摘もありますが、そうではなく、まだ第1波が収束してないうちに解除したからではないのかと思います。解除を急ぎすぎたのではないかという疑問が残ります。これは、今後の推移w検証することが必要になります。
 八幡市でも明日から学校が再開されます。
 3月以来の登校は、子どもたちにとって楽しみですが、一方で、学校や学童保育が集団感染の場にならないか――という懸念もあります。
 日本共産党八幡市議団は、5月31日付の議会報告ニュース(週刊)で、学校再開に向けてというコメントを掲載しました。ホームページの市議団ニュースの項に掲載しましたので、ご覧ください。(☆5月31日付のニュースはこの項から
 学校再開に向けたコメントの一部を紹介します。
・少人数学級を進め、教育条件整備と感染防止を両立させる。
・体温測定を推進する。家庭での協力を促すとともに、学校現場に非接触型の体温計を備え、体温を測らずに登校した児童・生徒の体温を測ること。
・登校後に発熱した子どもが体を休める場所として、感染症の可能性がある子どもはに保健室とは別室を確保すること。
・教職員、児童生徒が使うマスク、消毒液の確保。教室やトイレ・洗面所、授業やクラブ活動で使用した道具類の清掃・消毒は教職員、生徒任せにせず、必要な場合は業務などを委託すること。
・学校での感染防止のために、教職員に加え、医師など専門家を含むメンバーで安全対策を協議し、スタッフの検査体制を整備すること。養護教諭の感染防止のためのマニュアル作りをすすめること。
 過密状態となっている学童保育でも、上記と同様の対応が求められています。
 
 これらの対応を進めるために、八幡市は国、府と連携して感染防止策を継続的に進めるべきです。政府の追加予算として、地方自治体に先行の1兆円(八幡には2億3900万円)に加え、2兆円が追加されます。八幡市への割り当てがどれくらいになるかはまだ見通せませんが、こうした財源を活用しながら、取り組みを強めましょう。大事なことは、コロナ感染以前よりも、もっと暮らしやすい社会に前進するという視点が大切です。

2020年5月28日(木)
読み違えて後手。第2次補正予算案

 安倍政権がコロナ感染対策で約32兆円の第2次補正予算案を閣議決定しました。
 マスコミから「減収世帯30万円給付をやめて10万円の一律給付を盛り込んだ」第1次補正に続き、「読み違えて後手」(朝日新聞)と指摘されるお粗末さです。
 これまでの経過はともかく、今回、新たなにいくつかの注目点も盛り込まれています。
 八幡市でも6月からの学校再開に向けて、いろんな準備、検討が始まっています。
 小学6年生、中学3年生の少人数授業のため全国3100人の教員を加配することになりました。自公政権の下で少人数学級は足踏みしていましたが、コロナ対策を契機に、少人数学級の歩みを大きく進めるチャンスです。
 非接触型体温計や消毒液など、感染防止に必要な備品購入のため、1校当たり100~300万円が支給されます。
 こうしたことは本来、3月以降の休校中に検討しておくべき点も多いのですが、ようやく予算化されました。
 学校再開にあたって、子どもたちと教職員の感染防止、安全対策のために、登校時の体温確認、感染予防のために保健室とは別室の休養室を確保しておくことも必要になります。教職員の感染予防のために検査をどうするのか等医療機関などの専門家と市教育委員会、学校の教職員の声をふまえた対応が必要になってきます。
 全国で緊急事態宣言が解除され、今後、再発を防ぐための対策を維持すること、コロナ検査などの検査・医療体制の支援を強めることが焦点になってきます。自治体でも、一歩一歩、改善を迫っていきます。
☆八幡市の6月議会に向けて、26日に議会運営委員会が開かれ、市の補正予算案、各条例改正案などが提出されました。今回は2月に市長選があった関係で、17億円の補正予算案などが審議されるため、本会議での質問は代表質問が主となります。日本共産党市議団は代表質問初日の9日(火)10時からの一番手で僕が行い、巌、中村(正公)議員が関連質問をします。常任委員会などの審議とともに予算委員会(3日間)が開かれ、亀田、澤村議員が参加します。

2020年5月25日(月)
さっそく外出ラッシュ

 近畿3府県の緊急事態宣言が解除されて最初の土日。市議団の宣伝を兼ねて、欽明台方面に行くと、予想通り交通渋滞に遭遇しました。従来ほどではないにしても、山手幹線は長い自動車の列ができていました。欽明台のスーパーやテナントが並ぶ商業地から欽明中央、欽明東を通る道路は車列約700メートル。隣の京田辺市との境界地域あたりまで渋滞していました。市中心部の久保田交差点も、男山方面に500メートルの列ができていました。
 今朝の新聞報道を見ると、東京など首都圏での緩和方針が報道されていて、「政府が検討する制限緩和策」として都道府県境をまたぐ移動の自粛要請は、先行解除した39県から、6月以降に段階的に解除するとなっています。ところが、昨日の交通渋滞では、大阪府、奈良県、滋賀県、三重県などのナンバーも結構見かけました。
 国民の気分としては、緊急事態が解除されて「ホッ」と一息つきたいのはよくわかりますが、昨日の光景は「全面解除」と思える状況でした。
 そういえば新聞も、大阪梅田駅付近の人出は96%増となり、コロナ事態の自粛ムードから人出が戻ってきたと報道しています。
 危機を乗り越えつつあるという期待感と、一方で再びコロナ感染の再発につながらないのか――。希望と懸念が隣り合わせになっている現実が見えてきます。
 6月からは学校なども再開されますが、万全の対策をとって、学校再開できることを望みます。

2020年5月24日(日)
学校の入学式を考える

 新型コロナ感染対応に関連して、にわかに学校の9月入学案が議論されています。
 保育・幼稚園・学校の入学・卒業(入園・卒園)、就職など社会生活全般に関わる事柄なのに、どうも断片的な議論が優先されているような気がしてなりません。
 今日の京都新聞ジュニアタイムズ号に「9月入学案」の特集がありました。「海外、1月や6月さまざま」の見出しと記事を紹介します。(別項参照)
 世界では、農作物の収穫期が一段落する9月にする国が多いそうですが、ほかにも学びやすい気候に合わせるなどの工夫が各国・地域ごとに行われているそうです。
 日本は4月ですが、シンガポールは1月、韓国は3月、フィリピンは6月。欧米は9月ですが、アメリカでは8月に始まる地域も増えているそうです。
 コロナ対応を理由に拙速な判断で社会全体を振り回すのではなく、落ち着いた議論が必要ではないでしょうか。

  
2020年5月23日(土)
核兵器禁止条約 発効までマジック13

 国連で採択された核兵器禁止条約は、中米のベリーズが批准して37カ国になりました。
 50カ国が批准すれば条約が発効します。いよいよあと13カ国まで迫りました。
 ベリーズはメキシコ、グアテマラと隣接する中米の国。2月に「核兵器のない世界への支持を示す」と表明し、条約に署名しました。
 核兵器禁止条約をめぐっては、核保有国が参加せず、唯一の被爆国である日本も条約に背を向けています。核兵器禁止に背を向けるこうした流れを乗り越えて、世界に核兵器禁止廃絶の流れが広がっています。
 核兵器をなくし、人類が安全に平和にくらせる世界をめざしましょう。

2020年5月16日(土)
検察庁改定案 採決許すな
 特定の検察幹部の定年を特例で延長することができる検察庁法改定案。コロナ対応で国挙げての対応が必要な時に、自民・公明は与野党で意見が一致しない重要法案の採決強行を狙っています。
 検察官は、総理経験者さえ逮捕・起訴できる特別の権限を持っており、その政治的中立性を担保するため一定の年限で例外なく退官するルールになっています。これに特例を設けて個別に延長できるようにすること自体が恣意的介入の余地をつくります。
 野党のこうした指摘に対し、幅広い文化人、知識人が採決に反対し、国会の外ではコロナ対応で一人ひとりの距離を空けて包囲し、「強行採決するな」の抗議の声を上げました。9割の弁護士会、元検事総長ら検察OB14人が法相に反対の意見書を提出しました。
 政権与党の公明党にたいして、「平和の党ではなかったのか」「小さい声ではなく、安倍総理の声しか聞いていない」ときびしい批判がわき起こっています。
 政権与党は、国民の声に耳を傾け、検察庁法改定案の採決を断念すべきです。

 我が家のクロメダカは、4月末くらいからベランダの水槽で産卵しています。5月の連休中から、産み付けられた水草を取り分けていますが、ようやく数日前から孵化し始めました。ザクっと数えて10匹くらいかな。
 仔魚用の細かいエサがなくなっていたので買いに行きました。忙しくて2日ほど忘れていたので、買ってよろこんでお店を出たら、店員さんが「お客さん、お釣りがありま~す」と走って追いかけてきてくれた。おつりを忘れてはいけないと反省。
2020年5月14日(木)
小さな花が咲いている

 八幡市役所の上下水道部の前に数メートルの細長いコンクリート製の水槽があります。
 市庁舎整備の工事の関係で、今は、その前の場所が議員用の駐車場になっています。昨日の帰り際、水槽のメダカを見ていたら、白い小さな花が咲いていました。
 花の雰囲気は梅花藻(バイカモ)みたいだけど、梅花藻は水中に咲くけど、この花は水面で咲いているし、葉っぱは違うし…。何の花かなと思っていたら、オオカナダモかもしれないとアドバイスしてくれる人がいました。
 調べてみたら、その可能性はあるけど、確信持てるほどの知識量はないし。もう少し様子を見て調べてみます。

 14日付の京都新聞に京都府の休業給付金の記事。府内に複数店舗を持つ事業所は、記入する「所在地」で差と指摘している。
 僕も数日前に教えてもらったけど、府の給付金制度は休業か短縮営業に応じた事業所が対象で10~20万円が支給されます。複数の店舗があっても支給額は一律で、1事業所分のみが給付されます。
 八幡市なども府の制度と同等に上乗せ給付しますが、八幡市は店舗数で支給します。市内で2店舗あれば支給額×2ヵ所となります。京都新聞によると、長岡京市、舞鶴市、福知山市なども店舗などの個所数で支給します。
 コロナ感染対策で、営業に苦労している事業所を支援するのだから、京都府は変なところでケチらないで、気持ちよく支援してくれればいいのに。


2020年5月8日(金)
コロナ対策で会派代表者会議

 コロナ感染対策で八幡市議会の会派代表者会議が7日開かれました。本来なら臨時議会を開くべきなのですが、事業化の日程を急ぐため、やむを得ない面もあります。
 日本共産党など野党、国民の声に押されて政府はようやく日本に住むすべての人に「1人10万円」を給付することになりました。このための費用として補正予算に71億円を計上しました。
 申請書は5月18日から郵送を始める段取りです。
 この問題で政府は、生活保護受給者に収入認定せず、生活保護費を減額しないことを約束しました。これは大きな前進です。
 しかし、生活保護受給者の2人の方にお会いすると、どちらも保護費が削られるから給付を受けられないと思っていたと述べられました。生活保護費が減額されないことがまだまだ知らされていないことを痛感しました。もっとがんばって宣伝しようっと。
 補正予算では、子育て分野で児童手当の対象児童1人につき1万円の特別給付を実施します。6月に支給されます。
 コロナ感染による京都府の休業要請に協力した事業所に中小企業20万円、個人事業主10万円を給付するのに合わせて、八幡市も同額を助成します。
 国がコロナ対策に伴う地方創生交付金として1兆円を自治体に交付しますが、八幡市は2億3900万円になる見込みです。補正予算に計上した中小企業への休業要請給付金の5400万円は、この交付金から支出します。残りの1億8500万円については、市役所の各部に、市民の「弱者支援」としてどうした施策ができるのか検討するよう指示が出ており、今後6月、9月議会に向けて具体化が進みます。
 日本共産党としても、市民のくらし応援に役立つ施策となるよう求めていきます。
 国民健康保険と後期高齢者医療では、加入者のうちコロナに感染した給与所得者に対し傷病手当金を支給するための条例を改正されました。同時に、現行の国保条例で規定している減免制度について、コロナ感染への対応から収入が減少した人に減免制度を適用できるよう運用を改善します。財源については、政府が補てんします。
 他にもいろいろ伝えたいことがありますが、連休明けで動きはじめた事柄を中心にお伝えしました。

2020年5月4日(月)
メダカの産卵

 今日は議会関係の書類整理と、夕方1軒だけ訪問する約束があるだけなので、午前中はベランダのクロメダカの水槽の水替えの準備をしました。とはいえ、新しい水槽が用意できていないので、古い砂の水洗いとバケツに水を張って日光にあてて、古い水を足して新水槽の準備という段取りです。
 先週あたりからエサをやっているときにお腹に卵をつけているメダカを見たので、水草についた卵を取り出しました。25個くらいまでは数えれたけど、5~10個くらいまとまっているのも多く、数が分からなくなってしまった。全部で50個くらい見つけたのかな。孵化した仔魚用の小さい水槽を洗って、そこに移しました。
 コロナ対策であわただしいけれど、さらにメダカの卵取りも加わってくるとなると、朝が忙しくなりそうだ。

2020年5月3日(日)
いのちを守る憲法

 今日は憲法記念日です。
 世界的なコロナ感染という状況の中で迎える日なので、今回はコロナ対策と憲法、命と健康をのかかわりの視点で書くことにします。
 憲法は25条で生存権をうたっています。
 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
 この条文は、単に生きていればいいということではありません。「健康で文化的」な生活が保障されるべしということを述べています。現在の日本は、コロナ感染の下での貧弱な検査体制、生活保護の切り下げなど、憲法の水準に及ばないできごともたくさんあります。
 コロナ対応のために、外出の自粛、休業の要請、在宅勤務などが強調されていますが、国民への生活保障が伴わなければなりません。
 憲法29条は、私有財産は、正当な補償の下に、これを公共のために用いることができるとして財産権を保障しています。22条は、何人も、公共の福祉に反しない限り、居住、」移転および職業選択の自由を有するとして居住・移転・職業選択の自由を規定しています。コロナ対策は、こうした憲法の規定をふまえて、国民生活の保障に踏み出すべきです。
 大学生は、休校、キャンパス閉鎖状態で学ぶことができず、アルバイトもなくなり、学費も生活費の確保にも困難になる事態に追い込まれています。世界的に見ても日本の高い大学授業料(学費)が根底にあります。
 憲法26条は、能力に応じて、ひとしく教育を受ける権利を有するとしています。
 学生が直面する生活と教育の危機にたいし、政府が憲法の理念に即して、学費の減免、生活支援に乗り出すことが必要です。
 学費の減免を求めるネット署名が1日時点で全国193の大学に広がり、署名は1万5000人を超えました。大学独自に学生に給付金を支給する大学も相次いでいます。政府はこうした国民の声、大学の努力にこたえて、積極的に支援することが必要です。

2020年4月28日(火)
同窓会の写真

 昨夜、帰宅して何気なく京都新聞夕刊を見ていたら、昨年11月に開いた男山第二中学校(2期生)の同窓会の写真と記事が載っているではないか。ゴールデンウィークのころに載ると聞いていたが、よく考えると、世間ではゴールデンウィークに入ってるんだなぁと実感します。(コロナ感染問題で連休気分はありませんが…)

       

 同窓会には、バスケット部の顧問だった先生含め2人の恩師が出席されました。遠くからわざわざ来てくれた人もいたし、懐かしい顔ぶれと交流できました。
 次の同窓会にも、みんな元気で再会できたらと願います。

2020年4月27日(月)
自民からも消費税減税の声

 八幡市を含む衆院京都6区内で、自民党・あんどう裕(ひろし)衆院議員のチラシが配布されています。見出しは、「消費税0%」で日本を救う。
 税理士の彼は、もともと消費税については減税論者ですが、あらためて各戸に配布しているのが注目されています。
 自民党内の若手議員で消費税ゼロ、減税を自民党に要望しています。安倍自民・公明政権の消費税10%にたいし、自民党内からも真っ向から消費税ゼロを求める意見が出ているのです。
 その後の「コロナ不況」で、日本と世界の経済は大きく落ち込んでおり、安倍政権の政権運営に対し、異論が出るのも不思議ではありません。
 この際、党派を超えて、消費税の減税に向けた世論を大きく広げて、国民のくらしを大事にする政治へとかじを切るときではないのでしょうか。

2020年4月25日(土)
コロナ対策 住宅支援について

 コロナ感染症対策の中で、住宅支援に関する施策について2題。

①住宅確保給付金で改善
 失業や大幅減収などで住まいを失ったり、その恐れのある人に家賃を補助する住宅確保給付金があります。生活困窮者に原則3か月間、家賃を支給します。
 しかし、その要件の中に、ハローワークでの求職申し込みをして求職活動をするという項目があります。失業または転職をするという前提になっているのです。八幡市でも、これがネックになって、申請を断念するケースがありました。
 この点について、日本共産党の小池晃書記局長の要請を受けて、厚生労働省は30日からこの給食要件を撤廃することを明らかにしました。

②URは機械的な対応せず、柔軟な対応を
 UR都市再生機構は、賃貸住宅で3ヵ月家賃を滞納すると督促をし、約束が守れない場合は強制退去を迫ります。
 今回のコロナ対応で、日本共産党国会議員団、地方議員との折衝の中で、国土交通省とURは「柔軟な対応をしている」と回答していますが、現場のUR事務所では、2月分の家賃の猶予を申し出たが、拒否されたという事例もあります。八幡市でも、特別にコロナ感染症に関連する特別な対応はしていないといった態度が続いています。
 政府とURは、国会で約束した対応をきちんと現場に指示をして、減収などで苦境に置かれている住民に対して住み続けられるための支援をすべきです。また3ヵ月滞納すれば機械的に退去を求める対応も猶予、緩和すべきと思います。
 

2020年4月22日(水)
1人10万円のコロナ給付金 総務省から通知

 国民の世論に押されて政府が方針転換したコロナ対策の特別給付金(1人10万円の給付)について、政府から自治体に通知が届いています。
 私たちが懸念していたいくつかの問題も解決する方向で具体化が進んでいます。
生活保護世帯の場合、給付金が収入認定されると、保護費が減額されてしまいますが、この点は、収入認定しない方向になり、保護費の減額は避けることができました。
◇外国人はどうなるのか――この点は、住民基本台帳に記載されているすべての住民が給付対象となりました。(住民票がない人の問題は残ります)
◇DV、虐待などの暴力から逃げている人――住んでいる市町村に申し出れば給付されます。
 
 コロナ対策で安倍政権の対応は休業などへの要請はするが減収への補償が不十分でした。今回の特別給付を一刻も早く支給できるよう取り組みを急いでほしいと思います。

 コロナ対策の個人補償を諸外国と比べてみました。
<カナダでは>
 コロナウイルスで収入を失った人にたいし、1人15万円の給付を最大4ヵ月間受けられます。
<ドイツでは>
 ドイツに住むフリーランスの人が給付を申請すると60万円が支給されました。日本から音楽活動のためにドイツに住んでいた日本人も支給されています。
 給付以外の点でもドイツは注目すべき点があります。
 コロナウイルスによる致死率が極めて低いのですが、ICU(集中治療室)の数は日本の4倍近く、人口当たりの医師数は日本の2倍近くあります。コロナ感染の検査は1日あたり5万件実施しているそうです。
 日本では、これまで病院や感染症の研究機関、保健所など医療・健康に関する基本的な機能を削減してきたツケが今回のコロナ対応での検査、医療体制の遅れに反映しています。 

2020年4月18日(土)
しんぶん赤旗・電子版をどうぞ。10~20代は6月20日まで無料

 しんぶん赤旗日刊紙の電子版をお読みください。
 月3497円で、毎朝5時から読めます。過去1年分の記事検索が可能で、インターネット、スマホやタブレットでいつでも、どこでも読めます。
 4月17日から6月20日までの期間は「若者応援」期間。10代、20代の方は無料で購読することができます。 くわしくは、右のチラシにあるQRコードでアクセスできます。
 この機会にぜひ、しんぶん赤旗をご覧になってください。

 コロナ対策の
中で、青年・学生の人たちに厳しい波が押し寄せています。学費の支払いためにしていたアルバイトがなくなり、どうしたらいいか。バイトが減り主入が減ったため、家賃が払えない。生活費が足りない…。青年生活実態調査に取り組み、こうした青年の悩みに寄り添いながら、いっしょに社会を変えようと頑張っています。

2020年4月16日(木)
政府が方針転換 世論に押され1人10万円給付検討へ

 コロナウイルス感染防止対策で、日本共産党など野党、国民の世論に押されて、安倍総理は従来の方針を転換し、1人10万円の給付を検討すると発言しました。すでに発表している「30万円の給付」は、所得制限や手続きが厳しく、長期の休業による減収に苦しむ国民の願いにこたえていませんでした。
 日本共産党は4月6日の緊急要望でも、政府に対し、自粛要請と一体に補償し、すべての国民に1人10万円の給付を支給すること、1回限りでなく継続的な補償をすることなどを求めていました。こうした要望は野党はもちろん、自民党内部からも口にせざるを得なくなっていました。
 コロナ対策では、国民生活の補償とともに、ウイルス検査体制をはじめ医療体制の強化も不可欠です。
 八幡市役所でも、連日、コロナ対応に追われていますが、自治体としても、独自に具体化を急ぐべき課題があります。
 政府は全国の自治体に総額1兆円の地方創生臨時交付金を実施する方針です。京都府内では全自治体合わせて200億円相当の枠になるようですが、こうした交付金を活用して、八幡市独自に市民生活を応援する給付金制度の創設を検討すべきです。国民健康保険、後期高齢者医療では、コロナ感染者にたいし、傷病手当金を支給することができ、国が財政支援をすることになっていますが、こうした対応をするためにも、八幡市は国保条例などの改正をする必要があります。臨時議会の開催を含め、迅速な対応が必要です。
 他にも、大幅減収により、税金や社会保険料、上下水道料金や、公営住宅、UR都市再生機構などの家賃納付が困難な人に対し、支払い猶予ができること、相談窓口を設けるなどていねいな対応をする必要があります。

2020年4月12日(日)
矛盾広がる 補償ないまま休業要請

 コロナウイルス感染への対応で、政府は事業所に休業を要請する一方、国民への損失補償は拒否しています。こうした異例の対応が矛盾を広げています。
 先日のコラムで紹介したタクシー運転手だけでなく、昨日は生協前で短時間の宣伝をしていたら、知人が声をかけてくれました。
 カラオケの店をしているが、コロナ騒動で客が来ない。事業者向けの小口融資と言われても、高齢なので返済できる見通しがない。収入が減った人に一日も早く給付してほしい――対話でやりとりしたのはこんな内容でした。
 市議団が受けている相談でも、イベント中止でタコ焼き屋さん、音響関係の仕事がなくなったなど、市民から悲鳴の声が上がっています。
 今日のしんぶん赤旗の地方ワイド版に、日本民主青年同盟京都府委員会の青年生活実態アンケートが載っていました。「バイトが削られ、ギリギリの生活」「バイト先が休業。助けてください」「解雇された」など深刻な声がいっぱいです。
 政府は一日も早く、営業や収入減で苦しむ国民に給付金を届ける決断をすべきです。アルバイトや非正規労働者への支援も待ったなしです。

 右に、京都・民青のツイッターのアンケートに寄せられた声を紹介します。


      
2020年4月9日(木)
コロナ対策

 コロナ感染が広がり、東京都など7都府県で緊急事態宣言が出されました。今日の京都新聞によると、隣接する京都府・京都市も「緊急事態と同等」との認識を表明し、府・市民に自粛を要請しました。
 八幡市が通勤、買い物で利用する大阪府枚方市の樟葉駅では、8日より当分の間、一部食品販売を除き臨時休館となっています。
 妻が務める障害者施設も、職員が感染したため、先日から作業所などを閉鎖しています。とはいえ、グループホームは「住まい」のため、閉鎖できません。二次感染防止のため、障害者の仲間はPCR検査を受けますが、日頃担当していただいている医師に同席してもらい、、障害者が安心して検査を受けられるよう体制をとっています。
 以前から介護や障害者のグループホームや入所施設での感染が起きた場合、どうなるのかと心配していましたが、マスクや消毒液も当面は何とかなるけれど、長期化した場合、底をつく可能性もあります。防護服は届かない。何より、現在の福祉行政では、職員体制が非正規の人に依存せざるを得ない状況です。
 国による福祉施設への補助制度があまりに貧弱で、こうした事故に備える体制が取れず、少ない人数で対応することになります。従来から補助制度の改善を求めてきたところですが、コロナ感染で、補助制度の弱点がいっそう浮き彫りになった形です。


 2年前に相談に乗った人から昨日、電話がありました。タクシーの運転手をしているが、売り上げが激減し、給与も減ります。そこから健康保険料と年金を差し引くと手元に残るのは5万円にすぎず、家賃を払うと生活できないと言います。水光熱費の支払いも大変です。
 政府が低所得者への個人補償を言いますが、制度の設定が明らかでなく、適用されないケースが多いことが想定されます。コロナ感染の影響で収入が断たれたり減額される人には死活問題なのです。
 相談の人からの話を考えると、国からの個人補償だけでなく、年金、健康保険などの保険料、UR都市再生機構などの家賃、市が徴収する水道代、ガスや電気代などの徴収を猶予する対応を急ぐべきです。
 9日付しんぶん赤旗の「地域発」のページには、各地の共産党議員団などがコロナ対策で奮闘している様子が掲載されています。
 笠井亮衆院議員らが国土交通省とURに対し申し入れをしました。コロナウイルスの影響で収入が減り、家賃の支払いが困難になっている人への対応として機械的な対応を行わないこと、家賃の減免を検討するよう求めました。国交省やURは家賃の分割払いや住宅確保交付金の照会などで丁寧な対応をしていると説明しましたが、東京・足立区では、現場のUR事務所が「コロナでも対応は変わらない」などと述べていることを指摘し、対応の改善を求めました。
 国がマスコミなどに公表している内容と現場の食い違いが起きており、一つひとつの改善、対応を迫ることが必要で、八幡市でも男山団地での対応を調べてみたいと思います。

2020年4月4日(土)
しんぶん赤旗

 新年度、八幡市の小学校2校で配置が始まった専科教員。先日のコラムでお知らせしましたが、4日付のしんぶん赤旗近畿版で紹介されました。
 専科教員は、他の都道府県では普通に配置されているけど、なぜか京都府はたいへん遅れていました。
 例えば東京に住んでいた時、子どもたちの通う学校には音楽や図工、理科などで配置されていました。ところが京都府では「少人数学級」と言うけれど、それには専科教員がない。
 日本共産党市議団はずいぶん前から提起していました。僕も21年前、議員になっての初質問は専科教員でした。時間はかかったけれど、ようやく一歩前に踏み出しました。
 今年度の配置校は八幡小と南山小ですが、全校への配置を求めてがんばります。


2020年3月28日(土)
2小学校で専科教員配置に

 八幡市教育委員会は、25日の市議会予算委員会で、新年度、八幡小学校、南山小学校の2校で英語以外の教科でも専門に事業で教える専科教員を配置することを明らかにしました。
 昨年12月の僕の一般質問に対し、市教委は1~2校で専科教員を配置したいと答えていましたが、先日の予算委員会で亀田議員の質問にたいし、具体的に配置する学校、科目を答えました。
 答弁によると、専科教員が授業を受け持つのは八幡小学校では5・6年生の国語(書写)・図工・家庭科。南山小学校では3~6年生の理科。
 全国的に専科教員の配置が普通になっている中、京都府は遅れていました。これまで市教委は、「1人の先生が全強化を教えるのが望ましい」としていましたが、一部ではありますが、これを転換することになりました。
 市内の8つの小学校すべてで専科教員を配置できるよう、継続して改善を求めていきたいと思います。
 専科教員の配置は、より専門的な授業を行うことができること、教員の過密労働、長時間労働の是正にも役立ちます。
 全国的に配置が広がる英語の専科教員は、八幡市で3人配置し、5つの小学校で英語の専科教育を実施します。

2020年3月27日(金)
毎日45キロを往復

 火曜日から始まった南山城議選。日本共産党は2議席確保をめざし、さいとう和憲、鈴木かほるさんの勝利めざしてがんばっています。八幡市の党組織は、さいとう事務所の応援に行っています。僕は毎日、片道45キロを往復して通っています。ちなみに、鈴木候補のご夫妻は、僕が卒業した三重大学の超大先輩です。
 先日は、帰宅するため夜9時に出発したら、国道163号線の路上でシカに直面。道の真ん中にいるので、車を停めて観ていたら、シカと目が合い、ようやく草むらに逃げてくれました。なかなか無い経験だなぁ。

 「私の愛した街」を聞きながら
 南山城村から八幡に帰るのに1時間余りかかります。いつもは、八幡市の防災放送をしているFMひらかたを聞いているのですが、八幡を出るとほぼ聞こえないので、CDを聞いています。
 今は、シンガーソングライターの横井久美子さんのCDを聞きながら運転しています。お気に入りは「私の愛した街」。
 1972年、北アイルランドのデリー市内で、公民権運動、自由を求める市民にイギリス軍が発砲し、10数名の市民を殺害した事件をテーマにした歌です。アイルランドに滞在していた横井久美子さんが日本に持ち帰り、日本語訳をつくられました。その一部を紹介します。

 酒場は焼け  煙が舞い
 懐かしいガス工場には  兵隊がたむろしていた
 鉄条網が張りめぐらされ  戦車と銃剣の町に
 軍隊の前に 膝まづいた  私が愛した町

 久しぶりにこの歌を聞くと、市民の自由と権利を奪い、敵対する軍隊に怒りを感じ、平和と街を守るエネルギーが湧いてきます。
 この歌を聞きながら、明日もがんばろうとエネルギーを充てんしています。

2020年3月24日(火)
国保料の推移

 八幡市の3月議会文教厚生常任委員会で追及したテーマの一つに八幡市の国民健康保険料があります。
 八幡市の国保料は現市長が就任した2012年以降、急激に値上げされ、4人家族・所得200万円・2人は介護2号保険料)で38万1710円だったのがピークの2015年には42万3820円になりました。所得の21%以上が国保料で消えてしまいます。京都府下で一番高い水準になりました。

        

 日本共産党が一貫して国保料値上げに反対し、値下げを求めてきた結果、2016年以降は下がり始め、現在は37万0380円になりました。下がったとはいえ、18%以上の負担であり、京都府下で2~3番目の高さであることに変わりありません。
 現在も京都府広域連合が示す標準税率の水準ですが、2013年以降続いた値上げは何のためだったのかという疑問です。
 結果的には市民や私たちの運動と指摘があって元の水順より下がったものの、この間の値上げは必要なかったのではないでしょうか。新たなグラフを作ってみて、改めて痛感しました。この点については、今後の議論で煮詰めていきたいと思います。
 とないえ、現状でも近隣自治体より高い国保料なのですから、引き続き値下げを求めていきます。

2020年3月21日(土)
南山城村議選で応援

        


 24日告示で始まる南山城村議選で応援に。定数10に対し、現職さいとう和憲村議、鈴木かほる村議の2議席確保に全力を挙げています。昨年6月の補選で3議席を獲得し、新村長の下で、京都府下初の0~2歳児の保育料無料化を実現(4月から)するなど、日本共産党の存在感を発揮しました。今回2人に絞りますが、新しい政治の流れをさらに前に進めたいと頑張っています。

 八幡市のメンバーは、さいとう村議の応援へ。今日は2ヶ所の事務所びらきの後、道の駅前で倉林明子党副委員長・参院議員もかけつけ、合同街頭演説。道の駅利用者、村民のみなさんに訴えました。
 短い期間の応援ですが、明日もさいとう事務所に出かけます。
 鈴木村議は、僕が学んだ三重大学の大先輩です。2人そろって再び村議会に返り咲けるよう力を尽くします。 

2020年3月20日(金)
後期高齢者医療の値上げ

 18日開かれた八幡市議会文教厚生常任委員会では、来年度の後期高齢者医療などについて審議しました。
 75歳以上の後期高齢者医療は2年ごとに保険料が設定されます。
 市が配布した資料によると、2020年度、21年度の年間保険料(平均)は8万5951円で、現行より9593円アップ、12.57%もの値上げとなります。均等割額、所得割率も上がるため、大幅に所得が減少した人以外は軒並み保険料が上がります。
 導入時以来、負担軽減のために9割軽減、8.5割軽減などの措置が取られてきました。これも、年々縮小されます。
 9割軽減は現在8割軽減に縮小され、来年度さらに7割にになります。8.5割軽減は来年度7.75割軽減に、さらに2021年度には7割軽減に圧縮されます。
 高齢になると医療にかかる割合は高くなりますが、年金収入に依存する75歳以上の高齢者だけを分離する後期高齢者医療が抱える矛盾がいっそう明らかになってきました。
 安倍政権は消費税を10%に上げる時、全世代型社会保障などと言っていましたが、高齢者には消費増税、年金切り下げに続いて、保険料の値上げという三重苦を押し付けることにほかなりません。

2020年3月17日(火)
笠置町長選挙

 京都府南部の笠置町長選挙が15日行われ、日本共産党が自主応援した中あつし氏(無所属、新人)が23票差で勝利しました。
 国からの補助金の不正使用、人口減の中、医療や福祉切り捨て、町おこしの在り方が問われる選挙でしたが、住民の声を聞く、公共施設のバリアフリー化などを訴える中氏が、自民、立憲民主、国民民主が推す新人を破り勝利しました。
 中氏は、政党・団体の推薦を要請していないため、日本共産党は候補者へのアンケートをもとに自主的に応援しました。
 京都府南部では2018年の大山崎町長選、19年の南山城村長選でも、共産党を除くオール与党が推す候補が敗れています。住民の声を生かして暮らしを応援する新しい政治の流れが少しずつ広がっています。
 明日18日は、八幡市議会の文教厚生常任委員会があります。議会は終盤になってきていますが、来週24日からは南山城議選もあり、議会日程の合間を縫って応援に行くことになると思います。

2020年3月13日(金)
学校のグラウンド整備

 八幡市議会は昨日で一般質問を終えて、週明けから3つの常任委員会、予算委員会へと移ります。
 一般質問に先駆けて補正予算案で質問したことを書いておきます。
 補正予算案では、さくら小学校と男山中学校のグラウンド整備、中央小学校のエレベーター設置に向けた予算が計上されました。いずれも2020年度に繰り越されての実施となります。
 学校グラウンド整備は、2010年度に男山三中で実施して以来10年ぶりです。さくら小学校のグラウンドは長年、雨水で砂が流れる筋ができるほどになっていましたが、ようやく実施されることになりました。あまりに時間がかかりすぎています。
 中央小のエレベーターは車イスを利用する児童がいても階段昇降機で済ませていて、障害者差別解消法になじむのかと問い詰めて、ようやく整備されることになりました。
 教育委員会は、日ごろ学校の声、要望に耳を傾け、計画的に学校設備の整備に努めてほしいものです。

2020年3月8日(日)
誕生日

 今日は誕生日で、61歳になりました。ということで還暦も終わりました。
 我が家では、この1週間で、結婚記念日、妻の誕生日が続きます。それぞれにお祝いをするわけでなく、何となくまとめてお祝いとして、おいしいご飯を食べることにしています。
 市議会では、僕は一般質問を終えてひと区切り。これから文教厚生常任委員会に向けた準備を本格化させてがんばります。
 一般質問では、いくつか大事なことを確認しました。
 
防災対策 おととしの大阪北部地震での京都府と八幡市の対応は、隣の大阪府と比べ大きく立ち遅れました。
 地震とその後の台風による被害を見ると、半壊、一部損壊などの罹災証明は2700件を超していますが、住宅の改修などの支援策はわずかに220件ほど。たった8%の住宅しか支援されませんでした。
 災害救助法の適用、市の制度である大規模災害時の住宅支援事業も適用されませんでした。答弁では、住宅支援事業では一部損壊の住宅も対象となること、今後の対応に向けて、府にも働きかける姿勢を確認しました。
 雇用を増やす 市長選での報道やその後の報道記事で市町が、新名神高速道路の全線開通を生かし、企業を誘致し市民の雇用を増やすと言及していることについても追及しました。
 国勢調査のデータを基に、市内ではたらく人は増えているけれど、市民の雇用は増えていないことを示し、従来の企業誘致の手法では市民にとって雇用効果が低く、市内の中小企業の育成・支援、進出企業への雇用拡大の働きかけを強めるべきではないかと提起しました。
 これについて市長ア、府内でも企業誘致しても沈設する自治体に住む人が多いという声を聞くが、八幡市の場合、まだこうした手法も通用するのではないかと述べ、のんきな答弁が返ってきました。ひきつづき、市内の中小企業支援と就業者を増やすことについて、繰り返し求めていくことにします。
 男山団地のまちづくり 男山団地では、この1年間で2期にわたって合わせて17基のエレベーターが設置されました。しかし、UR都市再生機構と全国の公団自治会協議会の定期懇談で、来年度のエレベーター設置計画に男山団地が含まれていないことを指摘し、URへの働きかけを強めるよう求めました。これについて市は、エレベーター設置はありがたいと思っている、団地のA地区からD地区にかけてバランスよく配置されるよう、ひきつづき要請していくと答えました。男山団地のエレベータ設置については、日本共産党市議団としても、UR、国土交通省への働きかけを進めていきます。
 他にも、いろいろ報告したいことはありますが、今日はこの辺で。

2020年2月29日(土)
混乱、不安広がる学校休校

 新型コロナウィルス対応をめぐって、安倍首相が従来の政府対応策を突然変更して広がった学校の休校。
 新聞報道では、朝日新聞は「首相独断、見切り発車」「萩生田氏・菅氏 置き去り」「起業混乱 対応追われず」「看護師足らず 外来診療縮小」などの見出しが飛びかっています。京都新聞も、「社会態勢整わず大混乱」「専門家会議 事前協議なし」と報じています。
 八幡市でも、27日夜から28日にかけて対応に追われました。
 八幡市内の学校施設などでは、週明け月曜日(3月2日)は通常通り学校に通い、3日から休校となります。府立高校・特別支援学校では13日までの休校(感染状況によって延長あり)ですが、市内の小中学校は休校終了日を決めていません。
 保育園、幼稚園、認定子ども園は通常通り開設します。
 市内の学童保育については、8時から19時まで開設することになりましたが、市内8小学校、9カ所の学童保育の人員を確保するのに手間取り、開設を公表したのは17時ごろまでずれ込みました。
 突然の休校をめぐって、さまざまな問題が浮かび上がっています。
 休校により仕事を休んだ場合の収入補償のため、政府は雇用調整助成金の活用を口にします。しかし、補償されるのは給与の6~7割程度で、収入の減少が前提となります。パートなどではたらく人たちにとって、この制度が適用されるのかどうかも定かではありません。
 休校となる学校現場には、教職員、図書館司書、給食調理員、各種支援員などの人たちが働いていますが、非正規雇用、臨時職の人たちが増えています。雇用主である京都府や八幡市がキチンと1ヶ月間の収入を補償し、国が財源を補てんすることが必要です。
 これらの諸問題を調整もしないまま、休校に踏み切ったのは拙速と言わざるをえません。

2020年2月28日(金)
突然の休校要請

 安倍総理は昨夜、全国の小・中・高校に対し、週明けから春休みまでの休校を要請すると表明しました。卒業式、入試などはどうなるのかなど、ただちに混乱、不安が広がっています。先日公表された政府の対応方針にもなく、専門家会議でも検討されていない方針をなぜ、突然に提起したのでしょうか。
 子どもへの感染をふせぐため、休校するという考えもわからなくはありませんが、地域ごとに感染状況が違うのに、なぜ一律なのか。保護者の立場から見れば、働く人の家庭はどうなるのか、仕事を休めるのか。非正規雇用の場合、仕事を休むことによって収入が減り、その保障はどうするのか。学校は休むけれど、厚生労働省は保育園、幼稚園は開設するというが、子育て施設での感染をどう防ぐのかの対策も示されていません。
 医療機関に勤める人の場合、仕事を休めるのか。医療機関の職員体制はどうするのか。
 いきなり学校の休校を求めるのではなく、そこに至る過程を国、地方自治体、関係機関で準備、検討することは考えないのか…など、疑問が次々湧いてきます。
 コロナウイルスの検査体制の強化、検査機器、薬品などの供給、診療スペースと人員の確保なども急ぐべきであり、何よりもウイルス対策を強めるために、政府が十分な予算措置をとり、国としての責任を果たすことが不可欠です。
 八幡市議会は4日から始まりますが、議会冒頭にも、市としてコロナウィルス対策の全体像を示すことも不可欠です。
 学校現場は非常勤の先生が増えています。長期の休校に伴って、休業による減収を防ぐための休業保障などもあわせて検討しておくべきです。

◆3月議会の一般質問◆
 八幡市3月議会の一般質問の通告が27日から始まり、日本共産党は5人全員が質問します。(午前10時から始まり、1日4人が質問)
 ●山本邦夫…6日(金)2番目
 亀田優子…6日(金)4番目
 中村正公…9日(月)4番目
 ●澤村純子…11日(水)1番目
 巌博…11日(水)4番目

2020年2月25日(火)
タコと対決 歯が欠けた

 昨夜は、先日、明石で買ってきたタコわさび、タコの干物を食べてお酒を飲んでいたら、なんと、奥歯の親知らずがポッキリ割れてしまいました。(写真は左がタコの干物、右がタコわさび)

  

 消費税が3%で導入された1989年5月か6月ごろ、親知らずが痛み歯医者に通っていました。当時は、しんぶん赤旗・経済部で中小企業を担当していて、3回連載を書いていたのですが、その日の歯の治療が長引き、麻酔がよく聞き、連載を一日中断したりしたので、不思議とよく覚えています。
 親知らずがまっすぐ上に伸びず、横から奥歯を押していたので根っこが抜けず、お医者さんは「歯を二つに割って処置します」ということでした。歯を割って処置したものの、割った後は金をかぶせていました。数年前には金のかぶせが取れてしまいましたが、ついに約30年間の歴史に耐え切れず、干しタコにやられてしまったのでした。
 歯が情けないのか、タコがすごいのか…。
 歯は神経も切ってあるので、歯が割れても支障はないのですが、歯が割れたままというのも気になるので、そのうちお医者さんに行くことにします。

2020年2月23日(日)
明石天文科学館へ

 先週までの市長選のお疲れ休みということで、昨日は妻と明石に出かけ、天文科学館へ。久しぶりにプラネタリウムを見て、「いちばん星、金星」について勉強しました。写真(左)は、子午線の表示と漏刻(水で時を刻む)です。

  

 そのあとは雨も上がってきたので、大蔵海岸(写真右)までの浜辺をウオーキングをして、お風呂に入って帰宅しました。おかげで昨日歩いた歩数は1万3000歩。
 お昼ご飯は明石の魚ん棚で食べましたが、数年前に行った時と比べてお客さんが少ない。お店の人も、「土日は人がいっぱいなのに、今日は平日並みの人数」と話しておられました。コロナウイルスの影響なのでしょうね。地域の商業にも大きな影響をもたらしているようです。
 市長選の最終盤の土曜に、候補者カーで美濃山・欽明台に行った時も、コストコ周辺は渋滞がまったくなく、幹線道路も車でスイスイ走れました。各地でお出かけ自粛が起きているのでしょう。
 コロナウイルス対策をきちんとして、事態を収束させてほしいものです。

2020年2月21日(金)
八幡市役所サギ事件

 サギ事件と銘打っていますが、詐欺ではありません。鳥のサギが市役所の樹木に営巣しています。
 1月後半に、市役所内の歩道に白い鳥の糞らしきものを見つけました。市役所では10年ほど前にもサギが営巣していましたが、コミュニティバスの停留所の一を変更して、枝を伐採したため、市役所に居ついていたサギが姿を消しました。最近、再び、サギが戻ってきたようです。男山のさくら公園の池にたくさんサギがいますが、巣が増えすぎたからなのか、市役所に戻ってきた(出張?)ようです。
 数日前からサギがいることを確認して、昨夜撮影しました。
 サギは、池や川に張り出した樹上に巣をつくることが多いのですが、夜は人が少なく、天敵も少ないからか、市役所が巣作りにいいと判断したのでしょうか。鳥が巣をつくる市役所というのもいいと思いますが、フンの掃除とかは大変かも。
 昼間は木津川や大谷川でエサ取りをしているので、夜しか見れませんが、時間が許す人は一見を。




2020年2月18日(火)
1ヵ月の沈黙

 16日投票の八幡市長選を終えて、ふと振り返ってみると、選挙に向けた活動に忙殺されて、このコラムの書き込みは1月20日以来となりました。どうも忙しくなると、自宅のパソコンに向かう機会が遠ざかることになりがちです。どうもすみません。
 市長選は、日本共産党も参加する市民お会の井筒かおる候補は奮闘し、前回比で1353票伸ばし5294票としましたが、力及びませんでした。
 選挙で訴えた公約の中で、「くらし応援 すぐやるプラン」は市予算の1%、2億6000万円で実施できる具体的な提案で、たくさんの激励をいただきました。
 水道料金が高くてお風呂を控え、週1回に減らした。コロナウイルスが報道され手洗いなどをしたいが、水道代が高くて手洗いも躊躇する。
 欽明台から市役所に行くのに直通バスがなく、医療費の還付などの手続きで市役所に行くにもバスの乗り換えなどが大変。自転車で行くと40分もかかるので、早く直通バスを走らせてほしい。
 こうしたくらしの悲鳴がたくさん寄せられました。
 市長選を終えると、間もなく3月議会。27日には一般質問の通告が始まり、3月4日から30日までの日程で3月議会が開会します。今日と明日も、議会活性化委員会の打ち合わせがあり、すでに議会モードに。
 頭の中を市長選から議会モードに切り替えなくては。

2020年1月20日(月)
共産党大会終わる

 14日から開催されていた第28回日本共産党大会が18日に終了しました。
 16年ぶりの綱領改定では、中国の覇権主義的なふるまい、香港における人権侵害などについて、社会主義をめざす国々とは評価できないとして、綱領でのそうした表現を削除しました。
 野党の代表が党大会で顔を揃え、連帯のあいさつをされたことも、野党共闘の前進を反映したものとなりました。
 新しい党役員の人事では、京都の倉林明子参院議員が新たな党副委員長に選出されました。
 党大会を経て、日本共産党は内外での新たな前進のためにがんばります。
 19日からは京都市長選(2月2日投票)が始まり、「つなぐ京都2020」の福山和人さんが立候補。その1週間後からは八幡市長選も始まり、八幡市民の会の井筒かおるさんが出馬します。
 大会を終えて、選挙が続きます。八幡市長選の諸準備もあり、ハードな日程が続きます。八幡市長選にかんして、何人かの人から自宅などに問い合わせや激励もあります。元気に選挙をがんばりぬきたいと思います。よろしくお願いします。

2020年1月5日(日)
アメリカのイラン司令官殺害に世界から批判の声

 年明け早々、アメリカのトランプ大統領が指示をして、米軍がイラク・バグダッド空港で空爆し、イラン革命防衛隊の司令官を殺害しました。米軍はその後も、イラクへの新たな空爆をおこなったと報道されています・
 アメリカの行為は、国連憲章を無視した先制攻撃です。アメリカとイランのイラクの緊張関係を一段と悪化させる軍事的な挑発行為です。トランプ政権は軍事挑発をただちに中止すべきです。
 アメリカの軍事行為に対し、国連事務総長が「深い懸念」を表明し、「最大限の自制」を求め、警告したのは当然です。イギリス、ドイツ、フランスが、アメリカ・イラン双方に緊張緩和を求める声明を出し、ロシアは、アメリカによる司令官殺害は「国際法の原則を侵害している」と批判しました。
 世界各国がアメリカの行動に対し、こうした批判を指摘しているのに比べ、日本政府はどうでしょうか。
 安倍首相は4日に記者団から中東情勢について聞かれても、「今月、諸般の事情が許せば、中東訪問の準備を進めたい」と話すだけで、アメリカの先制攻撃に対し、モノを言わない態度です。しかも、昨年末には自衛隊の中東への派兵を閣議決定し、アメリカとイランが戦争状態に直面する中で自衛隊を派兵し、情報収集活動を展開します。戦争放棄をうたう憲法9条を危険にさらす事態となります。
 安倍政権は自衛隊の中東派兵をやめ、アメリカにイラン核合意への復帰を要請するなどの外交努力が求められます。

2020年1月1日(水)
新年あけましておめでとうございます。

 2020年を迎えました。
 八幡市では2月(9日告示、14日投票)に市長選が行われます。日本共産党も参加する八幡市民の会では、候補者擁立の最終盤を迎え、あわただしく過ごしています。
 国政でも、地方政治でも、新しい政治の流れを作り出しましょう。

 右の写真は、友人に送った年賀状です。イラストは妻作成で、ネズミがチーズを「9条」にかじっています。
 安倍政権による9条改憲を許さず、平和を大切にする政治、国民の声を大切にして暮らしを応援する政治、社会をめざしましょう。

 2020年もがんばります。